《Unicode/CJK統合漢字》 漢字検索


このページは、UnicodeのCJK統合漢字(CJK統合拡張A・B・Cを含む)及びCJK互換・CJK互換補助漢字について、各種文字コードや代表的な音訓読みなど、主に情報システムでの漢字の利用に役立つ情報を検索できるようにしたものです。

◆漢字部首検索

左側のフレームに表示される漢字の部首一覧から探したい漢字の部首を選択してください。 右側のフレームに部首を除く画数順の漢字の一覧表が表示されます。

◆漢字画数検索

左側のフレームに表示される漢字の画数一覧から探したい漢字の総画数を選択してください。 右側のフレームに部首順の漢字の一覧表が表示されます。

◆漢字読み検索

左側のフレームに表示された漢字の読み一覧から探したい漢字の読みの頭文字を選択してください。 右側のフレームに音訓混合の読み順に漢字の一覧表が表示されます。

◆漢字コード検索

左側のフレームに表示された漢字のコード一覧から探したい漢字で既にわかっているコードを選択してください。 右側のフレームにそのコード順に漢字の一覧表が表示されます。

◆特集ページ

左側のフレームに表示された、漢字にまつわるテーマ一覧から選択してください。 そのテーマで集めた漢字の一覧表が表示されます。

◆漢字一発検索

調べたい漢字をそのまま入力して[検索]ボタンを押してください。 結果各列の値をクリックすると該当する漢字の一覧表が表示されます。 漢字は何文字でも入力できますが、英数字やカナなどは全て無視されます。

【見かた】

このページでは、漢字は下のような一覧表形式で表示されています。


6F22 6F22 6F22 6F22

【使いかた】


【収録文字】

コード範囲U+3400からU+2FA1Dまで、全181,790ポイント中81,390文字を収録。


【諸規格】

JIS X 0208: 7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化漢字集合 (日本)
4桁HEX(区 + 0x20 / 点 + 0x20)。 Unihanキー: 「Jis0」。
JIS X 0212: 情報交換用漢字符号 - 補助漢字 (日本)
4桁HEX(区 + 0x20 / 点 + 0x20)。 Unihanキー: 「Jis1」。
JIS X 0213: 7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化拡張漢字集合 (日本)
4桁HEX(Shift JISエンコーディング)。 Unihanキー: 「kJIS0213」。
CP932: Microsoft Cope Page 932 (日本)
4桁HEX(Shift JISエンコーディング)。 cp932 to Unicode table
IBM5035: IBM Coded Character Set Identifier 5035 (日本)
4桁HEX(EBCDICエンコーディング)。 IBM Software resources
Big5: 五大碼 (台湾・香港)
4桁HEX。 Unihanキー: 「kBigFive」。
HKSCS: 香港增補字符集 (香港)
4桁HEX。 Unihanキー: 「kHKSCS」。
CNS: 國家標準中文交換碼 (台湾)
字面-4桁HEX。 Unihanキー: 「kIRG_TSource」。
CCCII: 中文資料訊交換碼(台湾)
6桁HEX。 Unihanキー: 「kCCCII」。
EACC: East Asian Character Code for Bibliographic Use
6桁HEX。 Unihanキー: 「kEACC」。
GB: 国家標準 (中国)
字面-4桁HEX(区 + 0x20 / 点 + 0x20)。 Unihanキー: 「kIRG_GSource」。
KS: KS漢字한글 (韓国)
字面-4桁HEX(区 + 0x20 / 点 + 0x20)。 Unihanキー: 「kIRG_KSource」。
※お詫び
実を言いますと、作成者はJIS・CP932・Big5/HKSCS以外のコードの事をよく知りません。 もっと詳しくお知りになりたい方は、 Unihanデータベースの解説文(英文) などをご覧ください。

【おことわり】

このページの内容は特記した情報を除き全て版権フリーですので、自由にご利用ください。 また、無断でリンク・複製・修正・再配布をしていただいて結構です。

但し、内容は全てあるがまま一切無保証でのご提供となります。 従って、作成者は内容のご利用に関する一切の責任を負いません。 悪しからずご諒承くださいませ。


【更新履歴】

2016/02
「漢字一発検索」CGIを導入。
2016/02
Unihanデータベース音訓読みローマ字解釈に関するバグを修正。 併せて部首画数情報を拡充。
2016/01
「絵文字/顔文字」特集と「IBM漢字(CCSID 5035)」コード検索を追加。 同時に、Unicode/Unihanデータベース8.00に適応。
2012/03
iswebベーシックサービス終了 に伴い、 @niftyホームページサービス に移転しました。 同時に、Unicode/Unihanデータベース6.10に適応し、Gzip圧縮を廃止。
2010/06
Gzip圧縮に関する変更。 各文書のURLが.html.gzではなく.htmlになるように改善。
2010/01
Unicode/Unihanデータベース5.20に適応。 同時に、UnihanデータベースにエントリのあるCJK統合拡張A/B/C並びにCJK互換/互換補助漢字を全て含めた。 その結果、正味の収録漢字数が75,394文字になる。 HTMLが膨大になったので、Gzip圧縮を施した。
2008/06
Unihanデータベース5.10に適応。
2007/03
JIS2004で例示字形が変更された168字の特集ページを追加。
2007/02
漢字情報ポップアップ・ダイアログに部首画数・総画数及びJIS2004字形変更有無を追加。
2007/01
Microsoft Windows Vista及びJIS2004への対応。 コード検索にCJK統合拡張A/B及びCJK互換を追加。 総画数検索のバグ修正。
2006/10
Unihanデータベース5.00に適応。
2005/10
Unihanデータベース4.10に適応。
2005/03
全面更新。 従来からの部首検索に総画数・読み・コード検索を加えて、現在の構成になる。