《Unicode/CJK統合漢字》 漢字検索


このページは、UnicodeのCJK統合漢字(CJK統合拡張A・B・Cを含む)及びCJK互換・CJK互換補助漢字について、各種文字コードや代表的な音訓読みなど、主に情報システムでの漢字の利用に役立つ情報を検索できるようにしたものです。

◆漢字部首検索

左側のフレームに表示される漢字の部首一覧から探したい漢字の部首を選択してください。 右側のフレームに部首を除く画数順の漢字の一覧表が表示されます。

◆漢字画数検索

左側のフレームに表示される漢字の画数一覧から探したい漢字の総画数を選択してください。 右側のフレームに部首順の漢字の一覧表が表示されます。

◆漢字読み検索

左側のフレームに表示された漢字の読み一覧から探したい漢字の読みの頭文字を選択してください。 右側のフレームに音訓混合の読み順に漢字の一覧表が表示されます。

◆漢字コード検索

左側のフレームに表示された漢字のコード一覧から探したい漢字で既にわかっているコードを選択してください。 右側のフレームにそのコード順に漢字の一覧表が表示されます。

◆特集ページ

左側のフレームに表示された、漢字にまつわるテーマ一覧から選択してください。 そのテーマで集めた漢字の一覧表が表示されます。

【活用例】

「この漢字が電子メールでちゃんと届くかどうか調べたい」
このページで「JIS X 0208」にコードがある漢字はまず間違いなく届きます。 そうでない漢字は届かないか、届いても相手の環境では見れないかもしれません。
「この漢字がホームページで使えるかどうか調べたい」
現在使われているブラウザの多くはUnicode対応済であるため、このページに載っている漢字全てを表示する能力を持っています。 それでも、閲覧者のパソコンにその漢字を正しく表示できるフォントが入っていなければちゃんと見れません。 このページで「XP以前のMS明朝フォントで見れる」となっている漢字は、Microsoft Windowsファミリのユーザならまず間違いなく見れます。 そうでない漢字は、環境によっては中国語フォントをインストールしなければ見れないかもしれません。
「この漢字がMicrosoft Excelで書いたビジネス文書で使えるかどうか調べたい」
最近のバージョンのMicrosoft Office(WordやExcelなど)はUnicode対応済であるため、このページに載っている漢字でブラウザでちゃんと見れるものは、Officeでも使えると思います。 但し、電子ファイルとして顧客や取引先にそのまま渡す場合は、相手のOfficeのバージョンによって見れない恐れが出てきます。 その場合は、事前に相手のバージョンを確認するか、このページで「CP932」にコードがある漢字だけを使用する方が無難です。
「この漢字のJISコード・Shift JISコード・EUCコードを比較したい」
このページでは様々なコード体系とエンコーディングが見れるので、異なるエンコーディング環境でその漢字が表現可能なのかどうか検証することができます。
「手持ちのフォントで表示できる漢字の範囲を確認したい」
このページにある様々な漢字の一覧表には表示フォントの切り替え機能が付いているので、特定のフォントでどのように見えるかを確認することができます。
「各種漢字コードに関する情報をCSV形式などで入手したい」
このページから、Unihanデータベース抜粋(水平タブ区切りテキスト形式)がダウンロードできます。

【見かた】

このページでは、漢字は下のような一覧表形式で表示されています。


6F22 6F22 6F22 6F22

【使いかた】


【収録文字】

コード範囲U+3400からU+2FA1Dまで、全181,790ポイント中75,619文字を収録。


【諸規格】

JIS X 0208: 7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化漢字集合 (日本)
4桁HEX(区 + 0x20 / 点 + 0x20)。 Unihanキー: 「Jis0」。
JIS X 0212: 情報交換用漢字符号 - 補助漢字 (日本)
4桁HEX(区 + 0x20 / 点 + 0x20)。 Unihanキー: 「Jis1」。
JIS X 0213: 7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化拡張漢字集合 (日本)
4桁HEX(Shift JISエンコーディング)。 Unihanキー: 「kJIS0213」。
CP932: Microsoft Cope Page 932 (日本)
4桁HEX(Shift JISエンコーディング)。 cp932 to Unicode table
Big5: 五大碼 (台湾・香港)
4桁HEX。 Unihanキー: 「kBigFive」。
HKSCS: 香港增補字符集 (香港)
4桁HEX。 Unihanキー: 「kHKSCS」。
CNS: 國家標準中文交換碼 (台湾)
字面-4桁HEX。 Unihanキー: 「kIRG_TSource」。
CCCII: 中文資料訊交換碼(台湾)
6桁HEX。 Unihanキー: 「kCCCII」。
EACC: East Asian Character Code for Bibliographic Use
6桁HEX。 Unihanキー: 「kEACC」。
GB: 国家標準 (中国)
字面-4桁HEX(区 + 0x20 / 点 + 0x20)。 Unihanキー: 「kIRG_GSource」。
KS: KS漢字한글 (韓国)
字面-4桁HEX(区 + 0x20 / 点 + 0x20)。 Unihanキー: 「kIRG_KSource」。
※お詫び
実を言いますと、作成者はJIS・CP932・Big5/HKSCS以外のコードの事をよく知りません。 もっと詳しくお知りになりたい方は、 Unihanデータベースの解説文(英文) などをご覧ください。

【関連用語解説】

このページの親サイトである 《三國演義》 に、 関連用語解説 があります。 このページに書かれているコード体系やエンコーディングについての説明がありますので、是非参考にしてみてください。


【おことわり】

このページの内容は特記したUnihanデータベース関連情報を除いて版権フリーですので、ご自由にご使用ください。 また、無断でリンク・複製・修正・再配布をしていただいて結構です。 但し、作成者は内容のご利用に関する一切の責任を負いませんので、悪しからずご諒承ください。


【更新履歴】

2012/03
iswebベーシックサービス終了 に伴い、 @niftyホームページサービス に移転しました。 同時に、Unicode/Unihanデータベース6.10に適応し、Gzip圧縮を廃止。
2010/06
Gzip圧縮に関する変更。 各文書のURLが.html.gzではなく.htmlになるように改善。
2010/01
Unicode/Unihanデータベース5.20に適応。 同時に、UnihanデータベースにエントリのあるCJK統合拡張A/B/C並びにCJK互換/互換補助漢字を全て含めた。 その結果、正味の収録漢字数が75,394文字になる。 HTMLが膨大になったので、Gzip圧縮を施した。
2008/06
Unihanデータベース5.10に適応。
2007/03
JIS2004で例示字形が変更された168字の特集ページを追加。
2007/02
漢字情報ポップアップ・ダイアログに部首画数・総画数及びJIS2004字形変更有無を追加。
2007/01
Microsoft Windows Vista及びJIS2004への対応。 コード検索にCJK統合拡張A/B及びCJK互換を追加。 総画数検索のバグ修正。
2006/10
Unihanデータベース5.00に適応。
2005/10
Unihanデータベース4.10に適応。
2005/03
全面更新。 従来からの部首検索に総画数・読み・コード検索を加えて、現在の構成になる。